ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

「ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!.com

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

金融丁による行政指導の実例

2006年4月:クレジットカード会社の一つである「オーエムシーカード」の子会社である アルファオーエムシーに対し、金融庁は4月24日から5月18日までの25日間、債権回収をする管理センターの業務停止命令(弁済の受領などを除く)を出した。

担当者3人が昨年11月、3日間にわたり合計6回、債務者の妻に電話をかけ、借金の一括返済などを迫ったことなど違法行為が繰り返されていたとして貸金業規制法に違反する過剰な取り立て行為に当たると判断した。


2006年4月14日アイフルに対し、融資や取り立てを巡る違法行為が繰り返されていたとして、全店に対し5月8日から3〜25日間の新たな顧客の勧誘、融資などに関する業務停止命令が金融庁より出された。

2006年7月27日: アエル (ローンスターグループ)は関東財務局から、貸金業規正法違反により約250ヶ所ある支店や事務所で2006年8月21日から3〜26日間の全店業務停止命令を受けた。

2006年8月23日: アコムに対しおこなわれた金融庁の定例検査の際、朝日新聞により「業務停止命令を前提とした異例の再検査」との報道がなされたが、その後なんら処分は科されていない。

2006年10月20日:レイクは、債務者の依頼を見落とし勤務先に督促の電話をかけたとして、金融庁から11月13日から11月17日までの5日間業務停止命令(東京と大阪の電話サービスセンターが対象)を受けた。

2007年4月4日: 三和ファイナンスに対し、違法な取り立て行為などを行ったとして、全店舗での業務停止命令処分発動。組織的な違法行為があったと判断され、4月23日から、最長で6月27日までの長期となった。


2008年7月4日:貸金業者が2008年4月21日付けの夕刊紙やスポーツ紙に掲載した広告について、金融庁などが調査を実施、不適切な内容とされた148業者に対して行政対応がされた。→#新聞広告を参照。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 23:47 | Comment(0) | 金融被害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカードを偽造されて不正請求された場合

最近、クレジットカードを所持していながら、自分が使った覚えがないのに、カード会社から多額の請求がくる事件が多発しています。

これは、クレジットカードの偽造による被害です。クレジットカードを偽造して不正な利益を得ている犯罪グループがあります。

犯罪グループは、販売店に設置されたクレジット会社の信用照会端末機に、カードの読み取り機「スキマー」を使ってカードの磁気情報を盗んでいます(この犯罪手法を「スキミング」といます)。

犯罪グループは、スキミングで盗んだ情報で生カードに読み込ませて偽造カードを作り、カード会員を装って多額の商品を購入して不正の利益を得ています。

偽造・不正使用による多額の請求がされた場合に、カード会員が、偽装カードが使われたことを立証できれば、カード利用代金の支払義務を免れます。

この場合には、カード会社が利用代金を負担することになります。

立証する方法としては、販売店のカード利用伝票に署名がある場合には、その署名とカードの署名を比較すれば、偽造・不正使用されたことを容易に立証することができます。

カード利用伝票がない場合には、偽造カードが使用された日時に、その販売店には行っておらず、他の場所にいたというアリバイを立証する必要があります。

したがって、偽造カードの不正使用を防ぐためには、自分のカードを利用する際に、利用した日時、販売店、金額などをメモすること、カード会社から送られてくる請求書・利用明細書とメモを照合する習慣を身につけておくことが大切です。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 02:52 | Comment(0) | 金融被害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカードの盗難・紛失

喫茶店や居酒屋などでバックごと紛失されてクレジットカードの盗難に遭うケースがあります。

このような場合、まず、カード会社と警察に盗難届けをすることです。

通常、カード会員規約には、「紛失や盗難などにより、カードが不正に使用された場合の損害については会員の負担とする。」と書かれています。

しかし、カード会員が紛失・盗難の事実を警察とカード会社に届け出た場合には、提出した日の前後60日間(合計121日間)内は、支払を免除したり、会員にカード盗難保険に加入させて、その保険で損害を補填することがよく行われています。

また、カードの紛失・盗難による不正使用がなされた場合に、会員規約や保険により責任が免除されるのは、ショッピングによる被害だけであり、暗証番号が必要なキャッシングやローンにはよる被害は、原則として免除にならないことが多いようです。

ともあれ、カードの紛失・盗難の場合には、速やかに警察及びカード会社に届け出ることが大切です。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】





posted by 起上小法師 at 02:32 | Comment(0) | 金融被害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融庁の職員を名乗る悪質業者

最近、金融庁の職員を名乗り、「あなたのキャッシュカードが偽造されている」などと偽りの内容を告げ、預金口座情報を聞き出そうとする者やカードを預かろうとする者がいるようです。

金融庁の職員が預貯金者に対し、預貯金の口座情報の問合せ等を行うことやキャッシュカードを預かることは一切ありませんので、上記のような不審な連絡等については十分ご注意ください。

このような電話や訪問を受けた場合には、最寄の警察や金融庁金融サービス利用者相談室等に通報するようにしましょう。


金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
監督局銀行第一課
(内線3322、3388)


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】





posted by 起上小法師 at 01:40 | Comment(0) | 金融被害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己破産の免責決定後に生涯の伴侶が現れる!

免責決定が出てから、早いもの1ヶ月が経ち、独立起業に向けて再出発を果たした私にも、10歳年下で生涯の伴侶と思われる女性が現れました。

私は自分の置かれた境遇をありのままを話し、理解してもらえたのです。こんな嬉しいことはありません。

現在50歳の私は、結婚は半ば諦めていました。さばさばした気持ちが伴侶を引き寄せたのかもしれません。

彼女のためにも何としても独立起業を果たすつもりです。今まで愛する人のために一生懸命になったことがあまりなかったので、今度こそは絶対に成功するぞという気概で頑張ります。

お金は一生懸命働けばつくれますが、時間と体力は戻ってきません。私にある資本は、時間と体力しかありません。

これをどう使って起業するが、日夜、創意工夫と努力を続けていきたい思っております。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 00:45 | Comment(0) | 債務整理後の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。