ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

「ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!.com

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

債務整理ボランティアを名乗る悪徳「整理屋」「紹介屋」

私のブログでも、債務整理ボランティアの団体をいくつかご紹介させていただきましたが、最近は、債務ボランティアと名乗る悪徳「整理屋」が続出しています。

これは、「債務整理の無料相談を受け付けます!」と派手に宣伝して、実際に相談を持ちかけると、提携している弁護士や司法書士を斡旋して高額な相談料を請求するというものです。

最近は、過払い金請求の依頼が非常に多くなっています。

そんな中で、依頼者に取引履歴、計算書一切開示せずに、過払い金をごまかして実際の額よりかなり低い金額を依頼者に伝え、その差額分を整理屋と提携弁護士等がこっそり着服していたり、とんでもない報酬を要求したりしてくることがあります。

このような提携弁護士や整理屋と言われる悪徳業者は、首都圏や大阪のような大都市圏に集中しています。

また、これらの悪徳「整理屋」は、同時に、借金の一本化と称して、他の金融業者を紹介して高額な紹介料を請求してくる悪徳「紹介屋」であることもありますので、本当に危険です。

債務整理ボランティア団体については、金融庁の発行している「多重債務者救済マニュアル」があります。その中に記載されている『全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会』の加盟団体(約90団体)以外のところは、要注意です。


全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会のHPはこちらです!http://www.cre-sara.gr.jp/

また、紹介屋から紹介された金融業者が実在する業者かどうか、金融庁の検索画面で検索できますので、是非、ご利用になってください。

金融庁の登録業者検索HPはこちらです!http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

法律の専門家に債務整理の相談する場合に、ネットでも簡単にできますが、費用が発生する場合には、遠隔地の法律事務所はくれぐれも避けてください。

事務所の所在地が不明なところや、フリーダイヤルで全国相談を受け付けているところ、携帯やパソコンにスパム広告を送ってくる業者には絶対に依頼しないようにしてください。


ご自宅から通える範囲内で、実際にその法律家と顔を合わせて相談し、その法律家が信用できる場合のみ依頼されるようにしてください。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 23:30 | Comment(0) | 多重債務について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理ボランティアについて

最近、債務整理ボランティアなる団体があることがわかりました。

日弁連法テラスなどの無料法律相談は、法的解決の方針を指示してくれますが、これらの団体は、債務整理をして実際に法的解決ができるところまで指導してくれるようです。

これらの団体は、NPO(非営利法人)であることが多く、元裁判官や元検事、あるいは、過去に多重債務に陥り債務整理をした経験がある方などで構成されています。

基本的に匿名相談ができるようになっていますので、大変ありがたいです。

私の知人も、元裁判官が運営するNPOの指導で、特定調停をして債務整理できたそうです。

自己破産はちょっとという方で、お金をかけないで債務整理をするには、特定調停は、もっともおすすめの方法です。

ただし、これら債務整理ボランティアと称して、悪徳「整理屋」「紹介屋」と呼ばれる詐欺士と結託していること場合がありますので、下記の『全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会』の加盟団体(約90団体)以外のところは、要注意です。


全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会のHPはこちらです!
http://www.cre-sara.gr.jp/

人気ブログの秘訣はこちらにあります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 22:32 | Comment(0) | 法律相談と費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックリスト掲載者でも使えるVISAデビットカード

VISAデビットカードは、通常のクレジットカードのような審査は無く、基本的に15歳以上で口座さえ開設すれば、誰でも発行してもらえます。

日本では余り広がってはいませんが、財布代わりに使えてとても便利なカードです。

ATMから出金しなくても、国内260万、世界中で2,400万か所以上のVISAマークがある加盟店なら、どこでも買物、飲食、宿泊などができます。お店でも、ネットでも、公共料金も、通常のVISAカードと同様に使うことができます。使い方は、VISAマークのお店でカードを提示してサインするだけです。お支払い回数を聞かれたら「1回でお願いします」と答えればよいです。

利用枠は、カードを発行している銀行の普通預金残高の範囲内ですから、クレジットカードのような使いすぎの心配がなく安心です。また、決済に伴う金利もありません。使用した内容が通帳に記載されるので管理もしやすくなっています。

さらに、VISAマーク・PLUSマークのある、世界165ヶ国約100万台のATMで、通常のクレジットカードによるキャッシングよりも安い手数料で、現地通貨を引き出せます。


1.スルガ銀行VISAデビットカード

年間のご利用額に対して、一定率のキャッシュバックの特典があります。また、デビットカードで購入した商品について破損・盗難など
による損害補償がついています。

詳細はこちら→
http://www.surugabank.co.jp/my/debit/index.html



2.楽天銀行のVISAデビットカード

スルガ銀行とほぼ同様のサービス

詳細はこちら→
http://www.ebank.co.jp/kojin/debit/index.html

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 02:22 | Comment(0) | クレジット・サラ金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金請求をするとブラックリストに掲載されるか?

2010年に現在の貸金業法が全面的に施行される以前は、過払い金返還請求をすると、その事実が信用情報機関に記載されました。

それは貸金業者から見ると、いわゆる「ブラックリストに載る」ことを意味します。

そうなると払い金請求をした者は、同じ貸金業者からの借り入れができなくなるだけでなく、他の貸金業者からの借り入れは難しくなります。

そうすると過払い金請求をすることで債務者が不利益を被ることがあるので、金融庁は2010年の貸金業法が全面的に施行された以降は、過払い金請求をすることで債務がゼロになる場合は、ブラックリストに載せることを禁ずる通達を出しました。

その結果、既に支払いをすべて終えた債務者が過払い金請求をするか、または、残債務と過払い金を相殺して債務が消滅する場合に限って過払い金請求をするという方法が考えられます。

もし、過払い金請求をして精算しても残債務がある場合は、任意整理の扱いと同じになり、債務整理をしたことが個人信用情報に登録され、ブラックリストに掲載されます。ブラックリストに掲載されるのは5年程度です。

しかし、過払い金請求をした後は、他に借り入れをしたりクレジットカードの申し込みなどを一切しないのであれば、ブラックリストに掲載されるのを恐れずに過払い金請求をするべきでしょう。

借金が減った分を預貯金をすれば、海外旅行をすることや自動車を現金で購入することだってできるかもしれません。

ですから、ブラックリストに載ることを恐れるよりも、それまでの多重債務に陥った借金生活を改め、もう二度と借金をしないと心に決めて再出発するほうが、より健全だと言えます。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 01:48 | Comment(0) | 過払い金請求の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金請求の流れ

私自身の場合は、借り入れ先が7件あり、最長借り入れ期間が20年ありましたので、ある期間は過払い金が発生していました。

しかし、一時期過払い金があっても未払いの債務は残りましたので、返還請求するのではなく、総債務額を確定するために必要だったのです。

というのも、私が、自己破産の申立てをするときに、地方裁判所の事務官から、利息制限法による引き直し計算をして総債務額を確定してくださいと言われたからです。

当ブログでも詳しく述べておりますが、もう一度、過払い金請求の仕方について、おさらいします。


1.取引履歴の再現

まず、しなければならない作業として、貸金業者から最初にお金を借りる契約をした際の契約書や請求書、銀行窓口やATMの支払伝票などを整理して、時系列にならべていくことが必要です。

その際に、全部の資料が揃わないこともあっても、次に述べる金融業者から取引履歴を取り寄せることで全履歴がわかります。

自分に資料がないものは、金融業者が発行した取引履歴の通りに計算することになります。

取引履歴自体に誤りがあることもありますので、自分のほうに支払伝票が残っていれば、それを反証することができます。


2.取引履歴の開示請求

次に、貸金業者に対し、過去の借入れ・返済の日付と金額のすべてを一覧表にして記載した書面(取引履歴)の開示を求めることになります。

私の場合は、あらかじめ、手紙を書いて法的手段で解決することを連絡してありましたので、全借入先から取引履歴を受け取ることができました。


その際に、自己破産とか民事再生とか具体的に債務整理の仕方を述べないほうが賢明です。

こちらの手の内を知らせずに、法律の専門家に依頼する用意があるとだけ伝えればよいのです。


取引履歴については、簡易書留や配達記録で郵送してくる業者もいれば、最寄りの支店に行って受け取ったものなどいろいろでした。

しかし、取引履歴を一部しか開示しなかったり、まったく開示しない業者もいるようです。

その場合には、粘り強く請求するか、それでも開示しないようであれば、弁護士等に依頼して過払い金返還訴訟を起こすと言えば、たいていは開示してくれるはずです。

開示しない場合でも、訴訟手続きの途中で和解が成立することが多いようです。

もし、業者が取引履歴の開示に応じずに弁護士等家に依頼した場合は、弁護士等にかかる費用をも請求することができます。


3.利息制限法による引き直し計算

計算ソフトは無料でダウンロードできます。エクセルに、借入した年月日、返済した月日を入力していけば、自動的に引き直し計算してくれます。

もし、過払い金が発生して、こちらの債務がマイナス(こちらが貸金業者にお金を貸している状態)になった場合、年利6%の利息を貸金業者に請求する形で計算してくれます。


利息制限法による引き直し計算ソフトのダウンロード(無料) 
http://www18.ocn.ne.jp/~daichi/get-documents.htm

4.貸金業者に過払い金請求、裁判所に計算書を提出

引き直し計算が終わり、債務がマイナスになったり、または、すでに返済が終わっている場合は、貸金業者に過払い金返還請求をすることになります。

すんなり請求にのってこない場合には、訴訟手続きに入るのがよいです。

私の場合は、自己破産の申立の際の提出書類になりました。

以上が、過払い金請求の流れです。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】





posted by 起上小法師 at 01:31 | Comment(0) | 過払い金請求の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。