ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

「ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!.com

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

貸金業法と総量規制

貸金業法は、それまでの出資法と利息制限法との間に金利の違いがあることから、消費者金融が行ってきたグレゾーン金利と消費者への厳しい取り立てを是正するために2006年12月に成立しました。

その後、貸し手のシステム対応の準備期間が必要だったり、利用者の混乱を避けるために段階的に施行されてきました。

2010年6月18日には、総量規制などの重要な部分を含む、すべての規定が施行されました。

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者が消費者の年収の1/3を超えて貸し付けを行うことができないこと言います。

総量規制が施行されてからは、保証人や物的担保をつけたとしても、貸金業者からは年収の1/3を超える借入れはできなくなりました。

このため貸金業者は、信用機関を通じて消費者の他の貸金業者からの借入残額を調査しなければならず、これを怠って規制外の貸し付けをした場合は、金融庁から業務停止命令などの行政処分を受けることになります。

但し、300万円ぐらいまでの借り入れの場合、年収については消費者の自己申告で貸し付けをしている消費者金融がほとんどです。

また、年収の1/3を借り入れ消費者金融を利用できなくなった消費者がより利息の高い街金融や闇金融を利用している現状を考えると、総量規制がどこまで効を奏しているのか疑問点が多く残ります。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 04:17 | Comment(0) | 貸金業法と銀行法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカードと貸金業法の総量規制

まず、クレジットカード会社は、仮に銀行と提携していたとしても、「貸金業者」として「貸金業法」に基づき、金銭の貸付けを行うものとされます。

よって、クレジットカードによりキャッシングやローンの貸し付けをする場合には、消費者の年収の1/3を超えて貸し付けることができません。

しかし、クレジットカードよるショッピングには貸金業法が適用されませんので、年収の1/3を超える借り入れがある場合でも、クレジットカードで買い物をすることができます。

但し、クレジットカードを使ったショッピングのリボ払い、分割払い、ボーナス払いには、別途「割賦販売法」が適用されます。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 00:00 | Comment(0) | 貸金業法と銀行法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランチャイズで独立起業

フランチャイズ(FC)と言えば、コンビニや飲食店をイメージする方が多いと思います。

最近はそれだけでなく、学習塾、IT・携帯電話、理美容・エステ、修理・クリーニング、買取・販売、介護・ディサービスなどさまざまな業種が入り込んでいます。


独立起業をするにあたり、本部からの指導や研修もしっかりしているため、安心して経営ができるというメリットがあります。

一般に、個人で独立起業した場合に5年生存率(起業してから5年後もその事業が存続しているかどうか)は、25%と言われていますが、フランチャイズ契約で独立起業した場合は75%と非常に高いです。

しかし、個人で独立起業して4人のうち3人は事業に失敗して、多額の負債を負うことになりました。

そういう私自身もフランチャイズ契約ではなく個人で不動産事業を営んで、失敗しました。

私の場合は、資金がほとんどいらないネットビジネスを選択しました。

ネットビジネスは、簡単に儲かりそうですが、顧客のニーズをつかみ、寝る時間を惜しんでサイトづくりをしていかなければなりませんので、継続できない方がほとんどです。

もし、独立起業を目指し、ある程度の資金があるか、または借り入れをして資金を調達できる方であれば、フランチャイズ契約での独立起業は失敗しない方法として考慮に入れてもよいと思います。

実際に、リアルで店舗を構えるとなると賃料・権利金・設備にかかる費用もありますから、最初はできるだけ出費を押さえて序々に拡張していったほうがよいです。

賃料2万円の3畳ほどの店舗でも、フランチャイズで古物商(買取)を始めて、1年後には月収100万円を達成している方もいますので、やり方次第では成功へのチャンスが大きく広がっていきます。

独立起業するとなると、それなりの資金と覚悟が必要ですが、異、フランチャイズに関しては、まずは求人情報を見るような感覚で、いろいろ資料を取りそろえてみてはいかがでしょうか。


posted by 起上小法師 at 00:28 | Comment(0) | 独立起業への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャンブルはお金持ちの遊び

私は、不動産事業に失敗してから相当ギャンブルにはまりました。

パチンコ・競馬・競艇にはまり、学習塾の講師していたときの20万円ほどの給与は1週間ほどでなくなり、次の給与日までの3週間を千円で暮らしていました。

もちろん、必要経費の家賃・光熱費、定期代、食料品などを3週間分買いだめしておきました。

毎日、納豆ライスとインスタントラーメンの生活が続いていました。

たまにパチンコで儲かると2週間くらいは普通の生活ができる月がありました。

私がギャンブルをやめられなかった理由は、儲かったときの喜びを忘れられないのもありましたが、塾でも数学を教えていてデータ分析には自信があったからです。

そのデータ分析を駆使して勝率、パチンコで言えば儲かる確率、競馬・競艇で言えば的中率は70%くらいはいきました。

一般の人からすれば高い勝率・的中率なんですが、負けが続いたときに次に使う軍資金がなくなりやめざるを得なくなります。

ギャンブルのプロからすれば、1日5万円まで使ってよいお金を用意し、仮に負けたら次回は10万円、それでも負けたら次回は20万円用意すれば、月単位で考えたらほとんど負けることはないと言います。

しかし、私にはそれだけギャンブルにつぎ込むお金はありませんでした。

また、私にはある程度儲かったらそこで止める勇気もなく、当たらないと熱くなってすぐ夢中になってしまうのでプロには向きませんでした。

よく、パチンコ店には毎日来ているおじさんやおばさんたちがいて1日中やっています。

そのおじさんやおばさんの中にはプロ級の人もいるかもしれませんが、トータルで儲かっているはずはありません。

他にやることがないので、パチンコが楽しみなんでしょうが、よくお金が続くと思います。

もし、国からもらっている年金がパチンコ代に消えていっているとしたらゾッとしますね。

パチンコ店について言えば、違法な遠隔操作がときどき問題になりますが、ほとんどの店が裏で遠隔操作をやっていると聞いたことがあります。

たまに行った店では儲かりますが、続けて行くと儲からなくなるのは、きっとそのせいだと思います。

もちろん、パチンコ店の遠隔操作をくらます立ち回り法もあるのですが、ここでは控えておきます。

競馬・競艇では、誰が儲けているかといえば、国です。国が馬券代や船券代の70%をもらい、残りの30%を馬主・騎手・調教師、馬券購入者へ分配されていきます。

そのうえ、競馬・競輪・競艇については、儲けたお金に対して税金をはらわなければならないので、国は儲けすぎです。

いろいろ考えると、結局、ギャンブルはお金持ちがする遊びであって、私のようなお金のない人間がやってもお金をむしり取られていくだけだと分かり止めることにしました。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】





posted by 起上小法師 at 00:08 | Comment(0) | ギャンブル依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀行には貸金業法が適用されない。

2006年に成立した貸金業法は、消費者金融を取り締まるための法律であり、銀行には適用されません。

銀行は、かつての大蔵省(現在の金融庁)のお伺いを立てながら貸し付けをしていたので、貸金業法ではなく銀行法が適用されることになります。

そのため、銀行には貸金業法の総量規制が適用されず、消費者の年収の1/3を超えて貸し付けを行うことができます。

もし、消費者金融と銀行等からの借入れを合わせた結果、借入残高が年収の1/3を超えていたとしても、消費者金融からの借入残額が1/3以下であれば、ただちに総量規制には抵触しません。

また、銀行のカードローンも、一般の銀行等の借入れ同様、総量規制の対象とはなりません。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 04:29 | Comment(0) | 貸金業法と銀行法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。