債務整理と保証人の問題

「債務整理と保証人の問題」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

知らないうちに保証人にされてしまったら?

まず、(連帯)保証契約はサラ金業者などとの契約です。したがって、、業者に対してあなた自身が(連帯)保証人になる旨の意思表示をしていなければ、その支払義務はありません。

通常は、契約書や借用書の連帯保証人欄に署名・押印することによって連帯保証契約は成立します。場合によっては、サラ金業者が連帯保証人になるかどうかを電話で聞いてくる場合があります。

このような場合はたとえ電話であっても連帯保証人になることを承諾しまえば、連帯保証人としての責任を負いますので注意して下さい。

なお、貸金業規正法では保証契約を締結した時は、契約書面を当該保証人に交付しなければならず、書面の交付がない場合は100万円以下の罰金に処せられます。


ですから、勝手に保証人にさせられて、保証契約の書面を受け取っていなければ、支払義務がないだけでなく、金融庁や都道府県にその業者を通報すれば行政処分に付することもできるのです。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 23:19 | Comment(0) | 債務整理と保証人の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

騙されて借金の保証人になってしまったときは?

まず、(連帯)保証契約は、(連帯)保証人と債権者との間の契約です。以下、連帯保証と保証の共通することを述べていきます。尚、「連帯保証と保証との違い」は、当ブログに詳細が載っておりますので、ご覧ください。


まず、サラ金業者などに「保証人としての責任はないから形だけ署名して欲しい」などと言われて保証人になったような場合には、サラ金業者などの詐欺、あるいは、保証人自身の錯誤を主張して保証契約の取消しまたは無効を主張して、保証人としての責任を免れることができることがあります。


しかし、友人に「借りたお金は絶対に返し迷惑をかけることはないから保証人になって欲しい」と言われてサラ金業者と保証契約を締結した場合は、保証契約を取り消すことはできず、保証人としての責任を免れることはできません。


もし、保証人になってしまったことで支払いができなくなったのであれば、保証人自身が速やかに債務整理をする必要があります。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 23:12 | Comment(0) | 債務整理と保証人の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保証人の負担を軽くする方法

債務整理をしても、保証人(連帯保証人)の債務は消滅しません。しかし、主たる債務が消滅すれば、保証債務も消滅します。

保証人の負担を軽くする方法として、以下の方法があります。

1.債務の一本化・おまとめローン

消費者金融の債務を軽くするために、金利が低く返済期間が長い銀行系カードローンを使って借り換えをします。


もし、銀行系カードローンで一本化できれば、いままでの主たる債務が消滅して、保証債務も消滅することになります。

おすすめの銀行系カードローン

◆主婦や学生さん向け◆ 

イオン銀行カードローン

■仕事をして定収入のある方向け■

楽天銀行カードローン
りそな銀行カードローン
東京スター銀行カードローン


銀行系カードローンの比較と詳細内容についてはこちらをご覧ください。




2.公共の機関等を利用して、低利子で融資を受ける。ブラックリスト掲載でも融資可能

@社会福祉協議会(社協)

区市町村の社協で世帯更生資金(生業費) で申込をします。

限度額は、通常140万円 特別280万円です。

連帯保証人を1〜2名立てる必要がありますので、今、保証人になっていただいている方に相談されてみてください。

この融資を受けるためには、借金返済のための融資はできないことになっていません。

世帯を立て直すために自営業や新たな事業を始めるに方に融資されますますので、目的を書いた作文や仕入れや利益の見積書などを提出しなければなりません。
 

A民商(民主商工会)

民商とは、中小企業の経済的・社会的地位を向上させるために、開業・起業の相談や融資、税金対策などをやっている団体です。

日本共産党の指導・援助を受けている組織の一つです。

いろいろと親切に相談にのってくれますので、資金にお困りの際は、活用されるとよいです。

全国の民商→http://www.zenshoren.or.jp/kenmin/
  

3.日本保証互助会を利用する。
 

これは、現在、保証人になっていただいている方に保証人をやめていただき、 新たな保証人をつける方法です。

ただし、債権者の承認が必要であることと若干の費用が必要になります。

仮に支払不能に陥っても、互助会が保証してくれますので、新たな保証人にも迷惑をかけることはありません。

詳細はこちら→http://www.jga20.com/


4.保証人自身も債務整理をする。
  

これは、あくまでも最終手段です。

最終手段は、自分も保証人も自己破産することです。

以上、いくつかの方法を記載しましたが、よく保証人の方と話しあって一番良い方法を選択されてください。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 19:41 | Comment(0) | 債務整理と保証人の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理と保証人との関係

自己破産でも免責の効果は保証人には及ばず、保証人の支払義務はなくなりません。

例えば、妻が夫の連帯保証人になっていて、夫が自己破産申立をして免責決定が確定した場合、破産法第253条2項により、主債務者の免責は、連帯保証人の債務には全く影響を与えません。

したがって、妻は残った借金を支払わなくてはなりません。他の任意整理、特定調停、個人民事再生の場合も同様です。

保証人がいる場合は、債務整理をする前に必ず事情を話して、保証人を含めた債務整理を考える必要があります。


ちなみに、保証人(連帯保証人)も自己破産をした場合、保証債務(連帯保証債務)は免責されることになります。

自己破産者の1〜2割は、他人の債務を背負ってしまった保証人(連帯保証人)なのです。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 18:38 | Comment(0) | 債務整理と保証人の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保証人と連帯保証人の違い

借金の支払いが滞っている等、債務者が債務の履行をしない場合に、主たる債務者に代わって債務を履行する義務を負う人を保証人といいます。

消費者金融などの金融業者は、債務者が債務の履行をしない時は保証人に対して、債務者に対するものと同一内容の履行を求めることができます。保証人は、「人的担保」なのです。

保証人の場合、債務者の支払いが滞ったときに金融業者などの債権者から支払いの請求が来ますが、「まず、主たる債務者本人に請求してくれ」と言える権利(催告の抗弁権、民法452条)があります。

しかし、連帯保証人の場合は、自分が契約したのと同等の義務を負うことになります。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




連帯保証人というのは債務者の支払能力に限らず、いつでも請求が来たり、「ます、主たる債権者本人に・・・」と言える権利がありません(民法454条)。「連帯保証人」というのは、とても危険なものです。

しかし、保証人でも、連帯保証人でも、どちらにしても債務者が返済できなくなったり夜逃げでもされたら、最終的には請求が来るのは変りません。

やはり、家族であろうと親しい友人であろうと、保証人を頼まれたら、断るべきです。
posted by 起上小法師 at 18:26 | Comment(0) | 債務整理と保証人の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。