フランチャイズで独立起業

「フランチャイズで独立起業」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

フランチャイズで独立起業

フランチャイズ(FC)と言えば、コンビニや飲食店をイメージする方が多いと思います。

最近はそれだけでなく、学習塾、IT・携帯電話、理美容・エステ、修理・クリーニング、買取・販売、介護・ディサービスなどさまざまな業種が入り込んでいます。


独立起業をするにあたり、本部からの指導や研修もしっかりしているため、安心して経営ができるというメリットがあります。

一般に、個人で独立起業した場合に5年生存率(起業してから5年後もその事業が存続しているかどうか)は、25%と言われていますが、フランチャイズ契約で独立起業した場合は75%と非常に高いです。

しかし、個人で独立起業して4人のうち3人は事業に失敗して、多額の負債を負うことになりました。

そういう私自身もフランチャイズ契約ではなく個人で不動産事業を営んで、失敗しました。

私の場合は、資金がほとんどいらないネットビジネスを選択しました。

ネットビジネスは、簡単に儲かりそうですが、顧客のニーズをつかみ、寝る時間を惜しんでサイトづくりをしていかなければなりませんので、継続できない方がほとんどです。

もし、独立起業を目指し、ある程度の資金があるか、または借り入れをして資金を調達できる方であれば、フランチャイズ契約での独立起業は失敗しない方法として考慮に入れてもよいと思います。

実際に、リアルで店舗を構えるとなると賃料・権利金・設備にかかる費用もありますから、最初はできるだけ出費を押さえて序々に拡張していったほうがよいです。

賃料2万円の3畳ほどの店舗でも、フランチャイズで古物商(買取)を始めて、1年後には月収100万円を達成している方もいますので、やり方次第では成功へのチャンスが大きく広がっていきます。

独立起業するとなると、それなりの資金と覚悟が必要ですが、異、フランチャイズに関しては、まずは求人情報を見るような感覚で、いろいろ資料を取りそろえてみてはいかがでしょうか。


posted by 起上小法師 at 00:28 | Comment(0) | 独立起業への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。