銀行には貸金業法が適用されない。

「銀行には貸金業法が適用されない。」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

銀行には貸金業法が適用されない。

2006年に成立した貸金業法は、消費者金融を取り締まるための法律であり、銀行には適用されません。

銀行は、かつての大蔵省(現在の金融庁)のお伺いを立てながら貸し付けをしていたので、貸金業法ではなく銀行法が適用されることになります。

そのため、銀行には貸金業法の総量規制が適用されず、消費者の年収の1/3を超えて貸し付けを行うことができます。

もし、消費者金融と銀行等からの借入れを合わせた結果、借入残高が年収の1/3を超えていたとしても、消費者金融からの借入残額が1/3以下であれば、ただちに総量規制には抵触しません。

また、銀行のカードローンも、一般の銀行等の借入れ同様、総量規制の対象とはなりません。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 04:29 | Comment(0) | 貸金業法と銀行法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。