クレジットカードを偽造されて不正請求された場合

「クレジットカードを偽造されて不正請求された場合」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

クレジットカードを偽造されて不正請求された場合

最近、クレジットカードを所持していながら、自分が使った覚えがないのに、カード会社から多額の請求がくる事件が多発しています。

これは、クレジットカードの偽造による被害です。クレジットカードを偽造して不正な利益を得ている犯罪グループがあります。

犯罪グループは、販売店に設置されたクレジット会社の信用照会端末機に、カードの読み取り機「スキマー」を使ってカードの磁気情報を盗んでいます(この犯罪手法を「スキミング」といます)。

犯罪グループは、スキミングで盗んだ情報で生カードに読み込ませて偽造カードを作り、カード会員を装って多額の商品を購入して不正の利益を得ています。

偽造・不正使用による多額の請求がされた場合に、カード会員が、偽装カードが使われたことを立証できれば、カード利用代金の支払義務を免れます。

この場合には、カード会社が利用代金を負担することになります。

立証する方法としては、販売店のカード利用伝票に署名がある場合には、その署名とカードの署名を比較すれば、偽造・不正使用されたことを容易に立証することができます。

カード利用伝票がない場合には、偽造カードが使用された日時に、その販売店には行っておらず、他の場所にいたというアリバイを立証する必要があります。

したがって、偽造カードの不正使用を防ぐためには、自分のカードを利用する際に、利用した日時、販売店、金額などをメモすること、カード会社から送られてくる請求書・利用明細書とメモを照合する習慣を身につけておくことが大切です。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 02:52 | Comment(0) | 金融被害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。