個人民事再生と自己破産のどちらにするべきか?

「個人民事再生と自己破産のどちらにするべきか?」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

個人民事再生と自己破産のどちらにするべきか?

個人民事再生の申立をして、受理され、再生計画も認められますと、実際に、再生計画に基づいて返済していくことになります。

しかし、再生計画の通りに返済が完了するまでは、民事再生を求めた債務者が自己管理をして行なっていくことになります。

このため、自分で、しっかりとした意思を持って、再生計画に従った返済を行うことができる人でないい限り、個人の民事再生を行なったとしても、途中で、返済ができなくなり、個人民事再生の再生計画が取り消される場合があります。

債務者が再生計画の通りに実行しなかった場合に、債権者の申立があれば、裁判所が再生計画の取り消しの決定を下す事ができるのです。

もし、債権者からの取り立てから逃れたいために、とりあえず個人民事再生の申立をされた方は、将来的に、再生計画の実施が難しいことになることもあります。

今後、再生計画の通りに行なうことが難しいと感じている人の場合には、自己破産を行なう方法にして、人生を再出発したほうがよいかもしれません。

個人民事再生のメリットは、土地や家のローンを払い続けながら、他の債務整理をすることができることですので、土地や家の財産を持っていない方や土地・家を手放してもよいという方には、お勧めの方法です。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 03:04 | Comment(0) | 個人民事再生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。