個人民事再生の再生計画案に対する債権者の決議

「個人民事再生の再生計画案に対する債権者の決議」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

個人民事再生の再生計画案に対する債権者の決議

個人民事再生を行なう際に、小規模個人再生手続きの場合には、借金をしている債務者から再生計画案が提出されます。

給与所得者等再生については、決議は不要となっています。

この再生計画案に対して、債権者が賛成できるかどうかの決議をとることになります。

通常の民事再生を行なった場合には、一般的に債権者集会を開いて、再生計画案に賛成か反対かの決議を行なう事になります。

個人民事再生の小規模個人再生を行なう場合には、債権の総額も比較的小額であろうと言う事で、債権者に債権者集会に出席してもらう必要がないように簡略化しています。

個人民事再生の小規模個人再生の場合には、「消極的同意要件」という制度を設けています。この「消極的同意要件」とは、再生計画案に賛成の場合には、何も行なう必要がないようにしています。

もし、再生計画案に反対である場合のみ、意思表示を行なう事になります。再生計画案に同意できない場合には、書面で回答するだけで良いので、この点についても、通常の民事再生と比べると簡略化されています。


【再生計画案の決議の取り方】
上記のように、再生計画案の決議を取る方法は、同意できない債権者のみが、意思を表明する事になります。

この為、再生計画案が認められるかどうかは、一定の数の債権者が
同意できないと意思表示したかどうかが判断材料になります。

ここでの条件とは、


@再生計画案に同意できない債権者の数が債権者数の半数に満たない場合

A再生計画案に同意できない債権者の債権総額の金額が、金額で見て
議決権の総額の2分の1を超えない場合


の2つの条件を満たした場合に、再生計画案が認められることになります。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】






posted by 起上小法師 at 02:49 | Comment(0) | 個人民事再生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。