個人民事再生の住宅資金貸付債権の特則とは

「個人民事再生の住宅資金貸付債権の特則とは」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

個人民事再生の住宅資金貸付債権の特則とは

個人の民事再生の住宅資金貸付債権の特則とは

@住宅ローンをくんでいる場合に、銀行などの住宅のローンに対する貸し付け債権については、再生計画を立てる時に、他の債権とは別に、住宅資金特別条項として記載する。

A銀行などの住宅ローンなどの貸し付け債権で、返済期限が過ぎているものに対しては、他の債権と一緒に、再生計画案の中に盛り込みます。

B銀行などの住宅ローンなどの貸し付け債権で、まだ、返済期限が来ていない部分の債権については、約定通りに返済を行なう。

C住宅資金貸付債権の特則が適用されれば、再生計画に基づき返済を遂行できる見込みが無い場合には、最長10年間で70歳まで返済期限を延長できます。

D住宅ローン以外の一般の貸し付け債権への返済のために再生計画に支障をきたす場合には、住宅ローンの元本の返済額を少なくすることができる。


のような内容になります。


住宅資金貸付債権の特則を利用して、個人民事再生を行い、再生計画が認められた場合には、抵当権にも影響を及ぼす事ができるようになるためん、土地や家に対して競売にかけられることがなくなります。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 01:12 | Comment(0) | 個人民事再生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。