特定調停の手続きの流れ

「特定調停の手続きの流れ」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

特定調停の手続きの流れ

1.まず、簡易裁判所で特定調停申立書一式をもらいます。
その時に、裁判所事務官に記入方法等を教えてもらいましょう。

申立書に必要事項をすべて記入し、他の書類もすべて揃えたら、易裁判所に行って書類
一式を提出します。

  特定調停の申立に必要な書類等は、以下のようになります

  
 @特定調停申立書
  あなたの住所、氏名、生年月日等、申立人で  あるあなたの基本情報を記入します。
  正本(裁判所用)、副本(相手方用)、本人控の3通を用意します。

 A資産目録
  現金、預貯金、不動産、自動車など、現在のあなたの資産状況を記
  入します。
 
 B特定債務者であることを明らかにする資料
  あなたや家族の職業、収入、月々の返済可能額等を記入します。
 C関係権利者一覧表
  今回の特定調停で和解をする予定のない債権者も含め、すべての借入れ先を記入し
     ます。

 D家計表
  1ヶ月の収支の内訳を記入します。

以上が、特定調停の「申立」になります。

尚、特定調停申立に関する書式や必要書類は、全国で統一されておりません。詳しくは、管轄の簡易裁判所でお尋ねください。


2.簡易裁判所から債権者に、特定調停の申立があった旨の通知が発送されます。これにより貸金業者から本人への直接の請求がストップします。
申立から2、3週間程度で簡易裁判所から「調停期日呼出状」が届きます。これには、第1回目の調停期日(日程)が記載してあります。


3,調停委員面談(調停1回目)
調停委員との打ち合わせを行います。月々の返済可能額や返済期間などを話し合います。状況によっては、この時点で調停委員から自己破産を勧められるケースもあります。

4.調停委員を介しての和解協議(調停2回目以降)
2回目以降は、債権者を交えて具体的な協議が行われます。債権者との話し合いは、調停委員が進めてくれますので心配はいりません。 和解成立。話がまとまれば、調停成立です。

5.調停調書の受領
成立から1週間程度で、簡易裁判所から「調停調書」が届きます。

6.返済スタート
和解の内容にしたがって、返済します。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 23:33 | Comment(0) | 特定調停について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。