サラ金と商工ローン

「サラ金と商工ローン」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

サラ金と商工ローン

商工ローンは、中小零細事業者向けの高利金融業者です。商工ローンも、サラ金と同様に、年25〜29.2%の高利子で貸付けを行っています。

商工ローンの対象は、銀行などの金融機関から融資を受けられない中小零細事業者です。

サラ金が無担保・無保証で20〜50万円を限度として貸付けをするのに大して、商工ローンは、手形や不動産などの担保や保証人をとって、100〜500万円、場合によっては、1000〜5000万円という高額な貸付けを行っています。

サラ金が、高金利、過剰融資、過酷な取立てのいわゆる「サラ金三悪」が問題になったのに対して、商工ローンでは、サラ金の「三悪」に加えて「根保証問題」が大きな問題となりました。

商工ローンの保証契約は、「根保証契約」という形式がとられます。

通常の保証契約は、債務者が100万円の債務を負っていれば、保証人は100万円の限度で保証債務を負います。

根保証契約では、当初は債務者が100万円の債務を負っていても、保証人が5年間で1000万円を極度額とする根保証契約を結んでしまうと、債務者がその後追加借入をして1000万円以上の債務を残して倒産してしまったときは、保証人は1000万円の保証債務を負わされることとなります。

ここで問題となるのは、商工ローンの営業のやり方が、根保証契約について十分な説明を行わずに、保証人には100万円の保証をすればよいよと思わせておいて、結果的に1000万円の保証責任を追及するというような詐欺的商法をとっていることです。

商工ローンには、通常3〜4人、多い場合で10人くらいの保証人をつけます。

経営難に陥っている中小零細事業者が年利25〜29.2%もの高金利で借金をすれば、いずれ倒産することは目に見えています。

そのため、商工ローン業者の中では、「金利は債務者から、元本は保証人から」が合言葉になっているとのことです。


商工ローン業者の暴力団まがいの脅迫的取立のため、恐喝罪や貸金業規制法違反などの容疑で、社員・元社員らが逮捕が相次ぎました。

また、金融監督庁は、悪質な商工ローン業者の業務停止命令等の行政処分を下しました。

さらに、最高裁では業者からの上告審に対して、利息制限法違反の「みなし弁済」については厳格に解釈すべきであるとして、業者側の主張を認めずに、「債務者側全面勝訴」の判決を下しました(2004.2.20)。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】





posted by 起上小法師 at 01:13 | Comment(0) | 金融被害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。