ギャンブルによる借金をした場合でも免責の決定は
下りるか?

ギャンブルによる借金をした場合でも免責の決定は
下りるか?
」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

ギャンブルによる借金をした場合でも免責の決定は
下りるか?

よくパチンコ・スロット・競馬などのギャンブルで借金がかさんでしまった場合、自己破産の免責決定を受けられないのかとの質問があります。

破産法は、「浪費」または「賭博」などの射倖行為で著しく財産をさせたり、過大な債務を負担するに至ったときは、過怠破産罪として免責不許可事由にあげています(破産法252条1項4号)。

しかし、このような免責不許可事由があった場合でも、免責不許可にするかどうかは裁判所の裁量に委ねられています。

新破産法では、裁判所が免責不許可事由がある場合でも、さまざまな事情を考慮して裁量により免責許可の決定ができることを明文で定めています(破産法252条2項)。


バー、キャバレーの女遊び、ギャンブルの射倖行為が過怠破産罪にいうところの浪費または射倖行為に該当するとしても「過大なる」債務を負担したことにならないとして免責を許可した判例もあります(神戸地裁昭58.6.14)。

免責不許可事由を認めたうえで、破産者の経済的再出発を考慮して免責を許可した例がたくさんあります。

ですから、ギャンブル等で浪費したからと言って免責の決定がくだされないわけではありませんので、勇気をもって破算の申立てしてください。


尚、どうしてもご自分のギャンブル行為等が免責不許可事由になるかどうか心配な方は、一度無料相談等をお受けになるとよいです。

プロの法律家に無料相談



人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 02:45 | Comment(0) | 自己破産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。