ブラックリストに掲載される基準

「ブラックリストに掲載される基準」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

ブラックリストに掲載される基準

消費者金融機関からキャッシング・ローンなどでお金を借りたり後に、長期延滞や法的整理をすると、消費者金融機関の加盟している信用情報機関に事故として登録されます。この信用情報機関の事故情報をブラックリストと呼んでいます。

法的整理とは、「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」す。

また、長期延滞していなくても、利息制限法引き直しにより過払い金返還請求などでも、ブラック登録される場合があります。

さらに、実際に融資を受けていなくとも、キャッシング・ローンの申込みをした段階で信用情報には、一定期間載ります。短期間のうちに8〜10社も連続で申込みすると、「申し込みブラック」と判断され、他社の消費者金融の審査に通りにくくなります。

信用情報機関に載る情報は、「住所、氏名、電話番号、勤務先、生年月日」(属性)の他、「いつ、どこから、いくら借りたか」や「借入の申込みをした事実」「返済情況」などです。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 14:16 | Comment(0) | 多重債務について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。