消費者金融業者が民事再生の危機に!

「消費者金融業者が民事再生の危機に!」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

消費者金融業者が民事再生の危機に!

2009年の貸金業法43条の改正に先駆けて、グレーゾーン金利を引き下げる消費者金融業者が後を絶たないのが現状です。

大手消費者金融業者については、上限金利引き下げに伴う審査の厳格化により成約率の70%台から30%台へ著しくダウンしています。消費者金融業者が貸付資金の融資を受けているのは銀行等であり、銀行等が融資を引き締めたことによる中堅以下の業者の倒産・廃業(クレディア、アエル (貸金業者) の民事再生法申請など)などが発生しています。

このような場合、過払い金債権者(借り手)が過払いだということを知らないなどの理由で期日までに届け出できない場合、過払い金の請求が難しくなることがあります。 大手系列の中小業者にも閉店・営業停止が続いています。このような場合、債権譲渡、営業譲渡は過払い金の請求に対して影響が出てきます。(三和ファイナンスに其の傾向あり。)

まさに、時代は、消費者金融業者に逆風なのです。消費者金融業者が倒産する前に、過払い金請求は、お早めにされることをお勧めいたします。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




posted by 起上小法師 at 02:28 | Comment(0) | 過払い金請求の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。