保証人の負担を軽くする方法

「保証人の負担を軽くする方法」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

保証人の負担を軽くする方法

債務整理をしても、保証人(連帯保証人)の債務は消滅しません。しかし、主たる債務が消滅すれば、保証債務も消滅します。

保証人の負担を軽くする方法として、以下の方法があります。

1.債務の一本化・おまとめローン

消費者金融の債務を軽くするために、金利が低く返済期間が長い銀行系カードローンを使って借り換えをします。


もし、銀行系カードローンで一本化できれば、いままでの主たる債務が消滅して、保証債務も消滅することになります。

おすすめの銀行系カードローン

◆主婦や学生さん向け◆ 

イオン銀行カードローン

■仕事をして定収入のある方向け■

楽天銀行カードローン
りそな銀行カードローン
東京スター銀行カードローン


銀行系カードローンの比較と詳細内容についてはこちらをご覧ください。




2.公共の機関等を利用して、低利子で融資を受ける。ブラックリスト掲載でも融資可能

@社会福祉協議会(社協)

区市町村の社協で世帯更生資金(生業費) で申込をします。

限度額は、通常140万円 特別280万円です。

連帯保証人を1〜2名立てる必要がありますので、今、保証人になっていただいている方に相談されてみてください。

この融資を受けるためには、借金返済のための融資はできないことになっていません。

世帯を立て直すために自営業や新たな事業を始めるに方に融資されますますので、目的を書いた作文や仕入れや利益の見積書などを提出しなければなりません。
 

A民商(民主商工会)

民商とは、中小企業の経済的・社会的地位を向上させるために、開業・起業の相談や融資、税金対策などをやっている団体です。

日本共産党の指導・援助を受けている組織の一つです。

いろいろと親切に相談にのってくれますので、資金にお困りの際は、活用されるとよいです。

全国の民商→http://www.zenshoren.or.jp/kenmin/
  

3.日本保証互助会を利用する。
 

これは、現在、保証人になっていただいている方に保証人をやめていただき、 新たな保証人をつける方法です。

ただし、債権者の承認が必要であることと若干の費用が必要になります。

仮に支払不能に陥っても、互助会が保証してくれますので、新たな保証人にも迷惑をかけることはありません。

詳細はこちら→http://www.jga20.com/


4.保証人自身も債務整理をする。
  

これは、あくまでも最終手段です。

最終手段は、自分も保証人も自己破産することです。

以上、いくつかの方法を記載しましたが、よく保証人の方と話しあって一番良い方法を選択されてください。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 19:41 | Comment(0) | 債務整理と保証人の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。