期限の利益喪失とは?

「期限の利益喪失とは?」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

期限の利益喪失とは?

期限とは、分割払いでお金を借りている人の返済期日です。期限の利益とは、返済の期日通りに支払っていれば、残債務の一括返済請求は来ないという利益です。したがって、返済を2回以上遅延させたり、滞納した場合には、期限の利益を喪失して、一括返済請求されることがあります。

私の場合、消費者金融6件から借り受けおり、返済を滞納せざるを得ない状況が1年半ほど続きました。督促状が月に2〜3度も届き、家の電話は鳴りっぱなし、携帯電話にも毎日着信歴があり留守録にも督促のメッセージが入っていました。しまいには、アパートには消費者金融会社の調査員が訪問してきました。アパートは二重ロックで部屋のドアはノックできないようになっていましたが、大家さんから不審な人が来るんですけどと言われて困っていました。滞納してから、どの消費者金融からも半年以内に一括返済請求の督促状が届きました。

消費者金融によっては、期限の喪失約款を契約書に載せていないところもあります。期限の喪失約款を契約書に掲載している業者は、一括返済請求をし、その期日になっても返済できない場合は、遅延利息、遅延損害金を請求してきます。

したがって、期限の利益喪失によって、一括返済の請求を受けるだけでなく、遅延利息や遅延損害金の請求まで受けることになるのです。

私の場合は、いざとなれば、自己破産を考えていましたので、それらの督促は一切無視し続けました。職場に調査員が来たり、実家に電話が行ったりすることは、金融庁の通達でできないことになっていますから、もし、そういうことがあれば、金融庁や都道府県に通報するとよいです。

自己破産などの裁判所に提出する引き直し計算表に、期限の利益喪失後の遅延利息や遅延損害金を算入して計算すべきかという問題があります。金融業者との金銭消費貸借契約を結ぶ際に、契約書に記載されていることは民法の契約自由の原則からすれば、遵守しなければなりません。私の場合は、遅延利息や遅延損害金を算入せずに、法定利息だけを算入した計算書を裁判所に提出して、免責決定が下されました。

金融業者からすれば、自己破産の場合は、貸したお金を取立できなくなるのですから、遅延利息や遅延損害金が債務額に算入されていようがいまいが、関係ありません。もし、業者が異議を申し立ててきたときには、改めてその部分だけ計算しなおせばよいです。


私の場合は、独身でしたので、取立をうまく逃れることができましたのが、そのときの精神的なストレスは言葉では表現できません。このブログをご覧に鳴っている方は、債務整理のいろいろな方法が載っていますので、お早めに解決されることをお勧めします。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 18:52 | Comment(0) | 多重債務について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。