破算陳述書の書き方@

「破算陳述書の書き方@」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

破算陳述書の書き方@

自己破産を法律家に依頼せずに自分でやり遂げるためには、大きな2つの関門を乗り越えなければなりません。

1つ目は、各債権者に連絡をとって取引明細を取り寄せた後に、利息制限法に基づいた引き直し計算をすることです。そのやり方は、過払い金請求フォルダに記事が載っておりますので、そちらをご参照願います。

2つ目は、破算陳述書を書き上げることです。他の書類は、客観的事実に基づき正確に記入して作成すればよいのですが、陳述書は、申立者の主観が入ってきますので、裁判官の心証を決定します。

私の場合は、1回でパスしましたが、自分で作成した方の中には書記官から、「こんな書き方ではダメです。弁護士に依頼したほうがよいですよ。」なんて言われる方もいらっしゃいます。それでも、どこが悪いのかどんな書き方ならパスできるのか、しつこく食い下がって聞き取るくらいの気概をもってください。必要であれば、3回でも4回でも書き直して再提出してください。

以下、破算陳述者の書き方を私が作成した実例に基づいてお伝えいたします。

決められた書式もありますけど、私の場合は、自分でワードのA4サイズで3枚でまとめました。

1.学歴、経歴
 (1)学歴
   昭和○○年 ○○市立○○小学校卒業
  昭和○○年 ○○市立○○中学校卒業
昭和○○年 ○○県立○○高等学校卒業
昭和○○年 ○立○○大学○○学部○○学科入学
   昭和○○年 ○立○○大学○○学部○○学科卒業

 (2)職歴(過去5年間)
   別紙記載の通り

 (3)免許・資格
   昭和○○年○月 普通自動車免許取得
平成○○年○月 ○○○資格取得

2.収入、家計、家、資産の状況
  別紙記載の通り

3.負債の状況
  債務総額  ○○○○○○○円
  債権者数        ○件
  税金未納額  ○○○○○○円
  詳細は、別紙債権者一覧表の記載通りです。

    つづく

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 16:16 | Comment(1) | 自己破産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by 学歴の書き方 at 2010年07月30日 14:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。