自己破産手続きに必要な書類について

「自己破産手続きに必要な書類について」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

自己破産手続きに必要な書類について

自己破産を申立てる場合に必要な書類は、全国の各裁判所によって多少の違いがあります。

申立てをされる場合は、管轄の裁判所に問い合わせて確認してみてください。

1.手続に必要な書類等
 ・破産、免責申立書
 ・陳述書
 ・財産目録
 ・2ヶ月の家計表
 ・債権者名簿
 ・戸籍謄本(戸籍抄本は不可。申立てから3ヶ月以内のもの)
 ・住民票(世帯全員の写しで省略のないもの。申立てから3ヶ月以内  のもの)
 ・預貯金通帳等のコピー (過去2年分)

2.場合によって必要となる書類

(1) 給与所得がある方
・源泉徴収票(直近1回分)
・給与明細書(直近2ヶ月分)

(2)無職で生活保護を受けていない方
・非課税証明書(市区町村役場で取り寄せる。)

(3)生活保護、年金、扶助を受けている方
・受給証明書

(4)自営業(1年以内にやめた方を含む。)
・確定申告書の控え(過去2年分)

(5)会社代表(1年以内にやめた方を含む。)
・税金申告書(過去2年分)
・決算報告書(過去2年分)

(6)退職金の支給が見込まれる方
・退職金計算書

(7)自動車、バイクを持っている方
・車検証、登録事項証明書
・登録事項証明書

(8)生命保険に加入している方
・生命保険証書

(9)生命保険に以前加入していた方
・解約払戻金計算書

(10)不動産を所有している方
・不動産登記簿謄本
・固定資産額評価証明書

(11)クレジットカードを持っている方
・すべてのクレジットカード

(12) 資産を全くもっていない方
 ・無資産証明書(住民票のある市町村から取り寄せる)

(13)差押や仮差押をされている方
・裁判所から送付された決定正本

(14)健康保険税・住民税を滞納されている方
 ・滞納公租公課一覧表

※戸籍謄本・住民票・固定資産額評価証明書・不動産登記簿謄本は原本を提出します。それ以外はA4判のコピーで提出します。

※尚、横浜地裁、東京地裁(八王子支部)とクレサラ被害の会が発行している破産申立書類がダウンロードできますので、ご利用ください。各裁判所によって書式が変わることもありすが、書式自由の地裁がほとんどですので、こちらの書式を利用しても構いません。詳細については、管轄の地方裁判所に尾問い合わせください。


破産申立書類
http://ace.wisnet.ne.jp/wada/shoshiki/hasan/hasan-annai.htm
http://1st.geocities.jp/mochybooo/dl.html

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 03:11 | Comment(0) | 自己破産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。