子供(未成年)のした借金について、親は責任を負うのか?

「子供(未成年)のした借金について、親は責任を負うのか?」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

子供(未成年)のした借金について、親は責任を負うのか?

子供がいくら借金をしようが、親が保証人(連帯保証人)になっていなければ、支払い義務は発生しません。

よって、サラ金業者等から支払いの催促を受けたのであれば、支払う意思がないことをハッキリと示しましょう。

また、貸金業規制法に関する通達では『法律上支払い義務のない者に対し、支払請求をしたり、必要以上に取立ての協力を要求したりしてはならない』と定めています。金融業者がしつこく支払いを求めてくるようでしたら監督行政庁に対し、行政指導または行政処分の申立てをしましょう。

それでも、取立てをしてくるようでしたら、裁判所に両親に対する取立て禁止を求める仮処分や損害賠償請求を申立てることができます。

民法では未成年者の契約は親の同意がない限り、あとから取消すことができます。

よって、サラ金業者に対し、金銭消費貸借契約を取消す旨の内容証明を送りましょう。

未成年者であることを理由に契約を取消した場合、契約は初めから無効だったものとみなされ、未成年者は『現に利益を受ける限度』で業者に返還すればいいことになります。

現に利益を受ける限度で返済するとは、お金を遊興費等などで浪費してしまったのであれば、未成年者は返還する義務はありませんが、手元に残っているお金や生活費に使った分は金融業者に返さなければいけません。


そもそも、未成年者にお金を貸すこと自体が、貸金業規制法の過剰貸付けに該当するので監督行政庁に苦情申立てをすることができます。

人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 02:51 | Comment(0) | 多重債務について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。