自己破産手続きの流れ

「自己破産手続きの流れ」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

自己破産手続きの流れ

1.破産申立て
申立人の住所地を管轄する地方裁判所に破産申立てをします。裁判所書記官との面談がなされることがありますが、添付書類等に不備がなければ申立ては受け付けられます。添付書類等に不備があれば追完の指示がなされます。規定の予納金を裁判所に収め、申立てが受理されたら裁判所より受理証明書が発行されます。   
   
2.破産審尋
申立後1〜2ヵ月後に審尋の呼出状が、裁判所より申立人の住所地に郵送されます。申立て自体に不備がなく、免責不許可事由等に不審な点がなければ、破産審尋は行われないこともあります。

破産審尋は、裁判官との面接という形で行われます。通常は10人〜20人の集団面接で、時間にして5〜10分位で終わります。
   

3.破産宣告(破算手続き開始決定)

(1) 同時廃止(破産者に配当すべき財産がないと判断された場合)
この場合は、破産手続き開始と同時に、破産管財人の選定等の手続きが廃止されます。

(2) 異時廃止(破産者に一定の財産がある場合)
   ↓
破産管財人の選任
   ↓
債権者集会
   ↓
財産の処分・換金
   ↓
配当(債権額に応じ債権者に平等に分配)
   


4.免責審尋
破産決定から1〜2ヵ月後に、免責審尋という裁判官との面接が行われます。この1〜2ヶ月間は債権者からの異議があるかどうかを受け付けます。破産審尋と同様に10人〜20人の集団面接で、時間にして5〜15分位で終わります。この審尋で、裁判所が免責を認定し、債権者からの異議もなければ、2〜3日後に免責決定がなされます。

ちなみに、私の場合は、地方裁判所の会議室に自己破産者が50名ほど出席していました。あまりの人数の多さと自己破算者の若年齢化(平均年齢30代前半)に驚かされました。免責審尋と言っても、個別の質疑応答がなく、裁判官から一方的に免責決定後の生活の仕方などを告げられただけで、時間にして5分程度で終わりました。
   

5.免責決定
免責決定が出されると官報で公告されます。 
  
6.免責確定

官報公告の2週間後に免責が確定します。債務者は債権者に対する全債務の責任を免れ、資格制限等は同時に復権します。

破産申立てから免責確定までは5ヶ月〜1年の期間を要します。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 02:18 | Comment(0) | 自己破産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。