管轄裁判所について

「管轄裁判所について」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

管轄裁判所について

私の場合は、自己破産でしたので、管轄は自分の住民票の置いてある地方裁判所です。

ところが、地方裁判所は本部と支部があって、本部に行っても受け付けてくれません。私も仕事を午前中休みをとって最初、本部へ行ってしまい、後日に支部へ出直さなければいけませんでした。

債務整理には、4つの方法がありました。

@任意整理は裁判所を通さずに示談交渉します。
A特定調停は、簡易裁判所に申立します。
B民事再生は、地方裁判所に申立てします。
C破産は、地方裁判所に申立します。

なお、申立をする場合に、提出書類や費用が必要となりますが、裁判所によって若干違いますので、事前に電話でお問い合わせすることをお勧めします。

最近の裁判所の職員は、いろいろ親切に教えてくれますので、怖がらずに電話してみてください。

一度で手続きを済まそうとせずに、手続きが完了するまでねばり強く行動されるとよいです。書類が不足している場合は、後日出頭するか、郵送でもよかったりします。

裁判所の管轄は、下記法務料のホームページで調べることができます。
裁判所の管轄区域
http://www.courts.go.jp/saiban/tetuzuki/kankatu/index.html


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 00:06 | Comment(0) | 裁判所について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。