夫が破産すると妻の財産も処分されるのか?

「夫が破産すると妻の財産も処分されるのか?」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

夫が破産すると妻の財産も処分されるのか?

夫婦の財産については、@結婚前から所有している財産、A結婚後に自分の名義で得た財産については、固有の財産として扱われ、破産処分の対象外となります(民法762条)。

例えば、妻名義の郵貯金や有価証券等があった場合でも、実際には夫が得た収入を税金対策、破産対策のために妻の名義としていると見なされた場合は、それらも処分対象になります。

ただし、収入のない専業主婦の場合、家事・育児等で財産の形成に貢献していると言えますので、妻の貢献度によって破産対象になる割合が決められることになります。

また、自己破産は、あくまで申立人本人の問題ですので、いくら夫婦と言っても妻にまで効力は及びません。

したがって、夫の借金の保証人になっていたため一緒に自己破産したのでない限り、妻がクレジットカード等を作成することはできます。

最後に、自己破産をしても家族や子供に対しての法律的な影響はまったくありません。親の自己破産が、子供の進学、就職、結婚などに影響することはありません。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 起上小法師 at 18:57 | Comment(0) | 自己破産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。