個人民事再生と自己破産の違い

「個人民事再生と自己破産の違い」の有益情報をお届け!

ギャンブル依存症を克服して債務整理後は独立起業に向けて奮闘中!

ギャンブル依存症から債務整理して独立起業

個人民事再生と自己破産の違い

個人民事再生手続きは、ほとんどの場合、住宅ローンが終わっていない状態で、その支払いが困難となったとき、住宅を維持しながら債務整理するときに利用されます。ここで注意を要するのは、住宅ローンについては債権のカットはなく、利息の免除もないというところです。したがって、住宅ローンの支払額をカットするのでなく、支払いを繰延べされることになります。

以下、自己破産との違いを述べていきます。 

1.自己破産の場合、借金は全て免除になります。個人民事再生の場合、借金を大幅に減額しますが、原則として減額された借金を3年かけて返済していく必要があります。

2.自己破産の場合、時価20万円相当以上の財産は換化処分されますので、債務者が住宅を所有していたとすると、強制的に換価処分され債権者に配当されます。個人民事再生では住宅ローン特則を利用すれば、債務者は住宅を維持しながら借金の整理ができます。

3.自己破産では破産手続開始決定後の収入・財産は原則としてすべて破産者のものとなり自由に使用・処分しても構いませんが、個人民事再生では原則3年間は債務者の収入から借金を債権者に返済しなければならず、その返済額も自己破産で債権者に配当される配当額を上回る必要があります。

4.個人民事再生では、自己破産のような免責不許可事由はありませんので、ギャンブル・浪費などで多額の借金をしてしまった人でも、要件に合致さえすれば利用できます。さらに、自己破産のような資格制限もないので、例えば司法書士・弁護士・税理士・会社の役員などの職に就いたまま利用が可能です。

5.一般に、個人民事再生手続きは自己破産の手続きよりも複雑であるため、法律の専門家でないと処理が難しいと言われています。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】






個人民事再生にかかる費用は、裁判所にかかる実費が3〜4万円、弁護士等に依頼すると、30万円〜50万円程度かかります。
posted by 起上小法師 at 17:32 | Comment(0) | 個人民事再生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[PR]テンプレート by アフィリエイト実践講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。